車は便利な乗り物

患者さんを見る目と距離感でわかる医師の実力

家族が既にかかっていたインフルエンザをもらってしまい、とある内科に診療で訪れたときのことです。評判の良い内科宮前区 内科で検索!

 

ここ数年内科に行く必要がある病気にかかっていなかったので、受付の仕組みも変わっていました。参考にしたのは宮崎台 内科で調べましょう

 

高熱があるというのに、通常の問診票だけでなく診察券発行に必要な書類を何枚も書くことになっただけでなく、患者さんがほとんどいなかったにもかかわらず1時間近く待たされてしまいました。悩む前に宮前区 小児科で!

 

内科の医師も数人いるようなそれなりの規模の病院だったので安心しておとずれたのですが、わたしがインフルエンザにかかっていたというのが病院側としては受け入れがたかったようなのです。お気軽にご相談ください宮前区 予防接種とても安心です

 

結局、ナースに診察室ではなく医療器械が置いてある別室のような場所に通されベッド代わりの長椅子のような場所に座るように指示を受けました。数分後年配の医師がやってきました。少し遠目から視線も合わせず「どう?つらい?家族の人はどんな薬もらってる?」とだけ聞くと、わたしに触れることなく「薬出しておくから。おだいじに。」とだけ告げて出て行ってしまいました。
明らかに感染を恐れている感じが伝わってきて、さすがにこの病院はないなと思ってしまいました。詳しく知りたいなら宮崎台 小児科を参考に